2017年12月21日

落合シェフのクリスマスディナー@シェラトン

宮崎シェラトンで開催された、"Tsutomu Ochiai Christmas Talk & Dinner Show"に参加してきました。


宮崎駅からタクシーで20分くらい(約2000円)。
開場の18時ちょい前に到着。
開場に入るときに、さっそくウエルカムドリンクを渡され、ウイスキー水割りで喉を潤しながら開演を待ちます。
200人以上の参加者。空席無し。熱気につつまれています。


開演すると落合シェフが登場し、料理の説明も。

そして料理も運ばれてきます。


・グラスに入ったカプレーゼ: なんと!これがカプレーゼ!!意表をつく斬新な料理で、味はじつに繊細で小粒トマトの味が際立ちます。
・海老・ホタテ・アボカドのサラダセルクル仕立て:美しい!!色とりどりの野菜や花(食用)は絵画のよう。フレンチの一皿に見えるのは、イタリアンの落合シェフが実はフレンチ出身だからでしょうか。味も実に美味。
・トリュフのリゾット:冬はトリュフが美味いですねー。チーズのコクと旨みにトリュフが加わって、パラダイスです。
・雲丹のクリームスパゲッティ:これは落合シェフの料理の中でも大人気の一品ですね。ウニの甘さとほどよく濃厚なクリームがあるでんてのパスタにからんで王道の極みです。
・和風アクアパッツァ カルタファタ包み:確かに和風~!なのにワインに合う!!たまりませんね。がっつり蟹を味わいました。
・宮崎牛のロースト マルサラソース:赤ワインソースで申し分ないワインとのマリアージュ。やはり宮崎では宮崎牛がメインに登場!!
・クリスマスのモンブラン
・フォカッチャ
・珈琲
デザートから珈琲までひたすら美味しく楽しみました。ごちそうさまでした!

ちなみに飲み物は、乾杯時はスパークリングで、そのあと白ワインと赤ワインがそれぞれ1種類ずつ、好きなだけいただけました。

ピエトロベッキオ(PIETROVECCHIO)のビアンコ(白)とロッソ(赤)です。

落合シェフのレストラン、リストランテ・アルコにもディナーをいただきに行きたくなりました。

延岡から4人での参加。
終わってから、JRの時間まで1時間あったので、宮崎駅にあるバル・マルで2次会。



*****
  

Posted by Winedays at 22:22Comments(0)宮崎県ワインイベント

2017年12月19日

長崎で一杯

一年ぶりに電車で長崎へ。


この時期の長崎駅はイルミネーションが美しい。。。
到着して駅前のホテルに荷物を置いて、さっそく夕飯へ。

「長崎港」という居酒屋へ。初めて入る店です。

まずは刺身盛り。ちょこっと盛り、というのをオーダーしました。

これがなかなかすごい。1000円でこの盛りはお得です。
サザエ刺身もついており、マグロの炙りは特に絶品。酒が進みます。


今日はどうしても鯨を食べたかったので、赤身刺身を。

いいですね~。美味。

カウンターの上には地酒が並びます。

なになに、ヤマネコ!?

日本酒のあとは、さっそくそれをオーダー。

すり身揚げとともに、美味しくいただきました。

いい店と出会いました。

*****



 
  

Posted by Winedays at 21:25Comments(0)長崎県日本酒

2017年12月11日

鳩森八幡宮~京急蒲田

8月以来の東京。
9月の靱帯断裂以降、遠出を控えていたので久しぶりです。

フライト途中に見えたのは伊豆大島でしょうか。

羽田についてまずはランチ。
フードコートにあるベトナム料理屋の「ベトナムチョ」へ。

鶏肉のフォー。

どういうわけか寒くなるとここのフォーが無性に食べたくなります。
トッピングを自由に行って、辛い唐辛子も入れて、汗だくになっていただくのが最高なのです。

夜は実家に帰省して家族とワイン。

近くの酒屋さんで買ってきた、ドメーヌ・ド・ラルジョルの白と赤を。
白は清涼感あるソーヴィニヨン・ブランで、赤はメルロー・カベルネ(ソーヴィニヨン)。

酒屋で売られていた小豆島産のオリーブ新漬け。

ワインのつまみにしました。。。美味。

翌12月10日は、鳩森八幡宮(http://www.hatonomori-shrine.or.jp/)へ。


将棋会館近くにある八幡宮。
八幡宮の総本社は、大分の宇佐神宮なのだそうです。

そして3日目は京急川崎へ。

そういえばもうクリスマスツリーの季節ですね。

ランチは、健康中華・青蓮という中華料理屋さんで、担々麺。

中国人料理人が作っているそうです。

夜は、「アカマル屋」というモツ焼きの店へ。

チェーン店であることを後から知りました。。。

翌日は朝早くから宮崎に戻らねばならないので、ほどほどに飲みましたビール


***


  


  

Posted by Winedays at 20:25Comments(0)関東地方ワイン中国料理

2017年11月25日

人吉から福岡へ

たから湯の朝食はまいど豪華で美味!

今回もご飯をおかわりしてしまいました。

デザートとしてコーヒー。

このカップ、同じもの(デザインは一個一個違います)を我が家でも愛用しています。
前々回来た時に買って帰ったのです。

今日は、人吉城址の紅葉を愛でてから、高速道路で一路福岡へ。


近いようで結構遠いですね、人吉-福岡間。
途中の山江パーキングで休憩。

美味しそうな栗まんじゅう屋さんを見つけました。

早速買って、妻は早くも車の中でパクリ。
とても美味しい栗まんじゅうです

天神に着いて、まずはランチ。
あれだけ朝ごはんを食べたのにやはり腹は減るものです。
岩田屋の「沈菜館(きむちかん)」イートインコーナーへ。

食欲をかきたてる冷麺。
キムチもついていて美味。

岩田屋のワインショップは私の憩いの場所(笑)。品揃えが実に魅力的なのです。
今回も3本ゲット。

ルー・デュモンのブルゴーニュ・ブラン2011、ピエール・アミオ・エ・フィスのブルゴーニュ・ルージュ2015、レ・オー・ド・スミス2012(シャトー・スミス・オー・ラフィットのセカンドで、セカンドラベルの中でもお得感のあるワインです)。

ルー・デュモンは言わずと知れた、日本人仲田さんのワイナリー。
ドメーヌ・ピエール・アミオは、DRC(ロマネコンティ社)やデュジャックのコンサルタントを務めるピエール・ミレマン氏がコンサルを務めている注目のワイナリーです。
楽しみ~。

さて、天神でいろいろと買い物を一気に終えて、今度はコストコ(久山店)へ。

ここでもまた目まぐるしく買い物。
実はけっこう久しぶり・・・4月以来でした。
コントレックス、柔軟剤、入浴剤、吸湿剤・・・食べ物いろいろ(シュリンプカクテル、枝豆、ベーコン、マッシュルーム、数の子、トマトジュース…)。
コストコではAMEXカードが使えなくなるそうで、新カードへ切り替えねばならないとのこと。。。面倒ですね。。。


****



  

Posted by Winedays at 23:23Comments(0)福岡県熊本県ワイン韓国料理

2017年11月24日

今年二度目の「たから湯」@人吉

今年・昨年と1月に泊まりに行った人吉旅館たから湯へ。

延岡を14時半頃に出発したので、到着は夕方。

旅館にチェックインすると、恒例のお菓子でのおもてなし。

あたたかいお茶とともに甘いお菓子をいただくと、旅の疲れもふっと消えていきます。


今回泊まる部屋は和室。


部屋に温泉もついているので、食事前にひとっ風呂いただきましょう。

ほんのり硫黄の香りと鉄の香り。
すべすべになるいい湯です。

部屋で一休みして、いざ楽しみの食事へ。
食前酒に果実種(かりん酒)をいただくと、食欲が一気に開きだします。
今日の料理はこちら。

・先付 柿とカブの白和え
・前菜 焼松茸
     う巻
     えび塩くん
     ズワイ奉書巻
     塩炒り銀杏
     公孫丸十煎餅
     ふくさ焼き
・椀盛り どびん蒸し
・御造り 時の物
・焼物  鰆の南部焼き
・揚げ物 きのこの天婦羅
・箸洗い そばの実
・強肴  和牛ヒレステーキ
・食事  留椀 なめこの赤出汁
      御飯 むかご御飯
      香物 盛り合わせ
・甘味  亥の子餅

1月と違って11月もまた秋の美食揃い!
今年初の松茸にも感動し、う巻の美味しさ、燻製の海老の香り・・・と前菜から早くも観劇の連続でした。
土瓶蒸しでふたたび松茸に再開したと思えば、おつくりや鰆と、季節の味が次々と。

今日はビールのあと、ほかのお客さんにつられてワインをオーダーしました。
3本提示していただいた中から選んだのはチリのピノノワール。

クロ・ド・フ2013。
抜栓直後から香り満開でやさしいスタイルなので和食との相性もいい感じ。

さらに今日は、日本の被災地を回ってボランティアで篠笛を演奏し復興応援されている石原千穂子さんの演奏会まで催されていて、やさしく美しくひびく篠笛の音色を楽しむこともできました。

美味しい料理で満たされて部屋に戻り、また温泉にも浸かり、夜はここちよく爆睡。。。

楽しい人吉旅行になりました。

そして、人吉の静かな夜に盛大にいびきを奏でてしまったようです(笑)。


明日は福岡へ。


*****






  

Posted by Winedays at 22:22Comments(0)熊本県ワイン

2017年11月05日

秋の南阿蘇へ

秋晴れの今日は南阿蘇へ。


紅葉はまだまだといった感じですが、ところどころきれいに色づいている木もありました。

おめあては「かまど」。
ここでランチです。
窓からの眺めもいいお店。


そういえば、熊本大地震のあと来るのは初めて。


それ以前にあったランチのコースメニュー「春」「夏」「秋」「冬」がなくなっており、尋ねると、地震で食器が壊れてしまったとのこと。
なんともショッキングなお話しをうかがいました。

ステーキ丼をいただきました。

これがまた美味い!!
赤身の肉が私好み!!ステーキソースも抜群の美味しさでした。

妻は和牛ハンバーグ。

こちらも美味!!

その後、「めるころ」」でパンとワインを購入。

アルザスのリースリング、衝動買いです!

さらに「あそ望の郷(あそぼうのさと)」まで行き、野菜を買い込みました。

ここからの阿蘇の眺めは見事です。





*****




  

Posted by Winedays at 22:22Comments(0)熊本県

2017年11月04日

のべおか国際食卓会議

今日は「のべおか国際食卓会議」に参加するため、垂水から延岡にUターン。


15時からのイベントに参加です。
イタリアの三ツ星レストラン「オステリア・フランチェスカーナ」のオーナーシェフ、マッシモ・ボットゥーラさんと、同じく三ツ星寿司屋「すきやばし次郎」の小野二郎さんとの奇跡の対談「伝統と進化」。


それぞれの道を究めたお二人の対談は、料理評論家の山本益博さんら二人のナビゲーターの巧みな誘導により展開していき、食の「伝統と進化」と「もったいない」がキーワード。


両料理人の共通点をからめながら興味深いお話しが聞けました。


そして対談のあとは、マッシモシェフが作るスープをいただけるイベント!
こちらも前売り券をゲットしており、わくわくして会場へ。
すると、なんとテーブルセッティングされた会場で3種類のお料理をいただけました!!


予想以上のイベントに会場は大盛り上がりです。

・Riso cacio e pepe (パルメジャーノチーズのリゾット):マッシモシェフの故郷が震災に見舞われた際に、熟成途中で落下し商品価値を失ったパルメジャーノを有効利用し作り出されたメニュー。


・La parte croccante della lasagna(クリスピーラザニア):マッシモシェフが子供のころに食べた母の手料理から考案された一皿。乾燥させたラザニアを揚げ、粗びきミンチのソースに空気を含ませたベシャメルでいただきました。


・Oop! I dropped the lemon tart(レモンタルト):「おっと、レモンタルトを落としちゃった」と命名された、失敗から生まれたデザート。パレットのような皿の上に芸術が広がる美味しい一品でした。

どれも、今日の対談の内容につながる料理で、対談と料理のセットで話が完結するという演出に心を打たれました。


最後には両シェフと記念撮影もでき、思い出深い一日となりました。


*****


   

Posted by Winedays at 20:20Comments(0)宮崎県イベント

2017年11月03日

都城経由垂水へ

11月にはいりだいぶ秋らしくなってきました。
今日は延岡から都城経由で鹿児島県垂水市へ。

ランチは都城の「やぶしげうどん」。

私は「なめこうどん」を。
やぶしげのうどんはもちもちした食感で、ダシを吸っておいしいうどんです。

そして垂水ではいつもの「猿ケ城温泉」に入ったあと、「大関寿司」。


ここのマグロはいつも絶品!

赤貝や大トロまでついた特上寿司をおいしくいただきました。

また、唐揚げもとても美味です。

その後、妻の実家にてワインを。

セブンイレブンのヨセミテロードの赤。
このシリーズ、白と赤がありますが、赤のほうが好みです。カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨンです。


*****

  

Posted by Winedays at 22:18Comments(0)宮崎県鹿児島県

2017年10月25日

キンモクセイ咲く

今年のキンモクセイの開花は例年よりだいぶ遅れました。


一気に開花し、玄関先ではみごとな香りを放っています。
すばらしい~!!

また、秋になって迷蝶クロマダラソテツシジミはますます数を増してきました。
玄関の光るものに興味があるのかドアのあたりにまとわりつくように飛ぶ個体が目につきます。



*****  

Posted by Winedays at 21:22Comments(0)ガーデニング

2017年10月24日

地酒とワインを楽しむ会

毎年恒例のイベント「地酒とワインを楽しむ会」がホテルメリージュ延岡で開催されました。
今年は第17回になります。

今年は9人で参加。
たくさんの日本酒とワインを楽しみました。
日本酒の数は数年前より減った印象がありますが、近年はワインのクオリティが高くなってきているように感じます。


ただ今年はスパークリングワインすらも冷やしておらず、ちょっと残念でした。
常温でいただきましたが、そのワインの良さは、想像力をかき立てられる人でないと実感できなかったも。


そんな愚痴はさておき、これだけの種類のワインやお酒を試飲できるありがたい企画はとても貴重です。
楽しいひと時を楽しめたのは間違いありません。

そして2次会は華ごころへ。
ここで美酒の続きを飲んで、すっかりいい気分となりました。。。


       

*****

  

Posted by Winedays at 22:22Comments(0)宮崎県ワイン日本酒イベント

2017年10月16日

シャンパーニュ・バロン・ド・ロートシルト

9月9日の足首靱帯断裂のケガの治療がついに5週間で完了。
2週間のギプス生活が過ぎ、松葉杖生活も終わり、ついにサポーター固定も終わりました。

本日よりサポーターをはずして普通に歩く許可が出たので、とりあえずシャンパーニュを抜栓。

バロン・ド・ロートシルト・ブリュット。


きめ細やかな泡立ち。
はつらつとしたボリューム感がはじける旨さ。
時間がたつと、熟成したシャルドネによくある梨の香りやトースト香、ミネラルがバランスよく膨らみを増してきてさらに美味しくなりました。

  


Posted by Winedays at 22:22Comments(0)ワイン

2017年10月14日

ヨーヨーマ&キャサリンスコットリサイタル@アイザックスターンホール

メディキット芸術劇場アイザックスターンホールで開催されたヨーヨーマ(チェロ)&キャサリンスコット(ピアノ)リサイタルを聴きに行ってきました。


初めて生で聴くヨーヨーマです。

音響の良いこのホールに響き渡るその音色・響きの優雅さ!それはもうすごかったです。

*ストラヴィンスキー/イタリア組曲
*プロコフィエフ/チェロ・ソナタ ハ長調
*ラフマニノフ/チェロ・ソナタ ト短調

最後のラフマニノフのチェロ・ソナタがやはり一番の圧巻。
ピアノとチェロの掛け合いのようなメロディーもおもしろく、華麗で優美ときに抒情的な旋律に惹きこまれっぱなしでした。


アンコールで3曲、アヴェマリア、ポロ、白鳥。
ポピュラーな曲でさらに会場の拍手が止まりませんでした。


この日のランチは、会場の芸術劇場にあるレストラン、レ・ミューズ(Les Muses)。


14時から貸し切りになるという今日のランチメニューはバイキングのみでした。


ワインショップ「パリ16区」にあるフレンチレストラン「ベル・エポック」が運営しているレストランだけあって、美味しい料理が並ぶバイキングランチです。
宮崎県食材にこだわっているという豊富な料理。
カルボナーラ(温泉卵のせ)やグリルポークなどとても美味しかったです。


*****





  

Posted by Winedays at 22:22Comments(0)宮崎県イベント

2017年10月08日

晨翁蕎麦(しんおきなそば) プレオープンイベント

「晨翁蕎麦」という魅惑の蕎麦屋さんが延岡にオープンします。

もともと蕎麦打ちの先生として延岡を中心として多くの蕎麦職人を育ててこられた中山さんが延岡市大貫町に作り上げたお店。
→中山さんのブログはこちら<そば-打ち.comブログ

10月末に正式にオープンするそうですが、プレオープンイベントに招待され、美味しい蕎麦と料理、酒を満喫してきました。


招待客の中には、『料理マスターズ(http://ryori-masters.jp/)』に選出され、これまた全国的に有名となられた、「きたうら善漁。」の、延岡を代表する料理人・吉田さん(→https://chefgohan.gnavi.co.jp/withfood/7/)もいらっしゃって、後半一緒に盛り上がって楽しい食事会でした。



もともとは広島の「達磨」という名店蕎麦屋さんで修行経験を持つ中山さん。
この「達磨」はNHK番組の『プロフェッショナル』にも登場した店なので全国的に知られています。
その「達磨」の高橋名人から「晨翁蕎麦」の店名を命名していただいたとのこと。

近年は、延岡市のスナック「華ごころ」(知る人ぞ知る、美味しい日本酒がそろっているお気に入りの店)で月に一回「蕎麦と日本酒の会」として、蕎麦と日本酒を楽しむイベントが開催されていました。もちろん私も出張で不在でない限り毎回職場の飲み仲間たちと参加。
そこでいただく蕎麦の美味しさはこの上ないすばらしさだったので、我が家では中山さんの毎月の蕎麦の頒布会にも登録して、美味しい蕎麦を自宅でも毎月いただいてきました。

このたびオープンされた新店舗「晨翁蕎麦」。確実にはまります!
今後はいつでも蕎麦と日本酒を楽しみに出かけることができるようになり、実に嬉しい限り。
さっそく職場の「蕎麦の会」常連の面々と通いたいと思っています。

当面は予約のみの営業だとか。

今回の食事も酒も蕎麦も抜群に美味しく、飲みすぎてしまうほどでした。
正式オープンが楽しみです!!



*****

  

Posted by Winedays at 23:23Comments(0)宮崎県日本酒蕎麦

2017年09月30日

夏井いつき先生の句会ライブ

プレバトで有名な俳句の先生、夏井いつき先生の句会ライブに行ってきました。


句会ライブって何だ???
まさか俳句を作らねばならないのか!?

と心配しながらの参加です。

会場入り口で配られた紙はやっぱり俳句記入用紙!!

このイベントは、先生が俳句愛好家のすそ野を広げるために全国で行っているものだそうで、お題を与えられて5分で俳句を完成させる俳句講座を聞いてから、いざお題にそった俳句をひねり出すというもの。

先生の匠な話術・話運びのおかげで、会場の600人がみんなやる気満々に。

今回のお題は「OK!」または「OK?」。

そんな漠然としたお題でもみんな5分で俳句を投句していたのは、先生の講座が功をなしたためでしょうか。

その後審査が行わて、べスト7の中から上位2名が会場の拍手で決められました。

もちろん我々(3人で参加)は選ばれませんでしたが、ぐいぐい会場をひっぱる先生の話と、俳句捻出の楽しみや、会場の老若男女のみなさんの感想などで盛り上がる楽しい句会ライブでした。

終わって会場を出るときに、この「みやちゃん」ブログ運営会社の社長さんともばったりお逢いしました!!



*****


  

Posted by Winedays at 21:21Comments(0)宮崎県イベント

2017年09月23日

ツガニ

スーパーで川蟹(ツガニ)が売られていたので、酒の肴にと買ってきました。


モクズガニとも呼ばれる、はさみにもじゃもじゃと何かが生えている蟹です。(モズクガニではありません。)
上海蟹の仲間なのだとか。

足の身もあるにはありますが、なんといってもカニミソが美味い!

日本酒をちびちびやりながら、もくもくといただきました。。。


    

Posted by Winedays at 21:21Comments(0)その他グルメ

2017年09月09日

上祝子で昆虫撮影

延岡市上祝子に昆虫撮影に出陣。

車で、国道326号線の下赤から上るルートが安心です。
今回は、パワースポット「神さん山」に登ってみようと思いたち、林道から急斜面を一気に急登。

たどり着くと、巨大な岩が支えあっているすきまに三角形の岩が見える神秘的な場所。
本当ならもっと接近して撮影したかったのですが、この家の上のほうにスズメバチの巣があってぶんぶんと飛び回っていたのでこれ以上接近せず。。。

再び林道まで戻り、大崩山登山口までを往復して虫を探索しました。
ボロボロになったムラサキシジミが翅を開いて日光浴。


羽化したばかりのクロヒカゲ。


こちらはジャノメチョウ。延岡市ではなかなか貴重な(生息地が限定される)蝶です。


季節はずれのアジサイが咲いていたりも。


ガードレールには、オオシオカラトンボ。


枝に擬態するニホントビナナフシ。


・・・とまあ順調にいろいろ撮影していたのですが、車まで戻る帰り道、足をぐきっとひねってしまいました。。。
おおお、いててて・・・と少し休んだものの、歩けるのでとりあえず車までなんとか到着。
今日はここにある「美人の湯」という名湯にはいろうと温泉準備までしてきたので、びっこをひきながらも温泉へ。

まだ15時前で誰もいない貸し切り状態。
いい湯です。

湯上りに偶然持っていた湿布を足首に貼って、車で帰宅。。。
運転中は痛みはほとんどなかった気がします。

家に戻って湿布を貼り直したもののやはり痛い・・・。くるぶしのあたりに触れると激痛が。
見た目にも腫れ上がっているのがわかります。
しかし、土曜の午後は病院もやっていません。

あけて月曜に整形外科で見てもらったところ・・・なんと靱帯断裂!!!

人生初のギプス+松葉杖生活が始まりました。

全治5週間だそうです。


*****



  

Posted by Winedays at 22:22Comments(0)宮崎県昆虫・自然

2017年08月25日

魚〇本店@有楽町

二日連続で有楽町のガード下。
今夜は文化横丁の「魚〇本店」。


今夜もまたまぐろブツでスタート。


電気ブランハイボールというのがあるので頼んでみました。

するとこれが実に美味い!!
成分は開示されていないようですが、ブランデーベースにハーブなどがブレンドされているんだとか。

つぶ貝の酒蒸し。

これまた貝好きにはたまらない美味しさ。

好物のちくわ磯部揚げまであったのでそれも。。。


それにしても、有楽町かいわいの居酒屋はどこも満席。
すごい賑わいでした。


*****



  

Posted by Winedays at 23:23Comments(0)関東地方

2017年08月24日

八起@有楽町

久しぶりに東京・有楽町へ。

山手線のガード下にはディープな居酒屋が並んでおり、魅惑の世界ですが、夜に到着したので、すでにどこも満席状態。

大型居酒屋「八起」へ。


広い店で、ここならさすがに開いていました。
とりあえず、マグロぶつで一杯。

きれいな赤身です。

もつ焼き5本¥500がこの店の人気メニューだそうで、それも。

モツの串焼きがあたりまえに食べられるのが嬉しい。
美味!

串焼きのタレには日本の赤ワインがよくあうのです。

サッポロのポレール(ハーフボトル)を。

〆に、刀削麺の「西安」へ。

しびれる辛さのマーラー麺、に惹かれて・・・。

かなり出てくるまでに時間がかかりましたが、

うーん美味~い!!
やはり麻辣味はたまりませんね~。
くせになる美味しさでした。


*****







  

Posted by Winedays at 22:22Comments(0)関東地方ワイン中国料理

2017年08月19日

レ・ミゼラブル@博多座

博多座へ、ミュージカル「レ・ミゼラブル」を観劇に行ってきました。


今まで見てきたミュージカルの中で最も感動した舞台。
舞台のテンポがよく、すべてのセリフが美しい歌として演じられる圧巻の演出です。
何度も繰り返し観劇に来ている方も多いのだとか。。。




そういえば毎月のように博多座の舞台鑑賞に来ています。
毎回、ランチやディナーをどうするか選ぶのも楽しみ。

今日のランチは、ソラリアのDean & Delulaカフェにて。
私は「フェットチーネ、たっぷりパクチーと小海老のグリーンカレーソース」。

もちろんパクチーメニューなので即決でした。
グリーンカレーのエスニックな風味にパクチーが抜群によく合います。

妻は、マーケットサラダプレート/シェフズサラダ。

これ、かなりの人気メニューのようで、周囲を見渡すと女性客の多くがこれをオーダーしていました。
デリカテッセン、生ハム、チーズ、オリーブドライトマトなど具だくさんのサラダランチなのです。

そしてディナーは、福岡で人気高い焼き鳥屋「八兵衛」。ソラリア店を予約して訪れました。

人気メニューの、エンドウ豆の串揚げはもちろん、備長炭で焼かれた香ばしいタレの味もすばらしく、響ハイボールとともに美味しくいただきました。


舞台のあとの遅い時間だったので、丸腸などいくつか売り切れになっていたのが残念。次回はもっと早い時間に行かねば!!



*****

  


  

Posted by Winedays at 23:23Comments(0)福岡県イベントウイスキー

2017年08月12日

佐多岬2日目

ホテル佐多岬からの朝日。


朝食も豪華です。


朝一で、昨日のクロイワツクツクのポイントに行くも、昨日以上に少ない感じで撮影追加は断念。

北上します。
ランタナの花では、アゲハチョウたちに混じって、迷蝶ウスキシロチョウの姿が!!

沖縄本島以南の亜熱帯~熱帯アジアに生息する蝶です。


ツマベニチョウも飛来しました。

一路延岡に戻る道中、蕎麦屋さんでランチ。

鹿児島県曽於町の「太郎庵」。

手打ちそばの店で、「よかにせそば」を注文してみました。

エビ天、やまかけ、わかめ、もみのり、かまぼこなどが乗った「よかにせ」の蕎麦を美味しくいただきました。

佐多岬の展望台などの工事は年明けまでかかるようです。
来年のGWあたりにまた行ってみようかな~。


*****




 
  

Posted by Winedays at 21:18Comments(0)鹿児島県昆虫・自然蕎麦