2018年06月25日

ドンペリニョン 2005

記念日にシャンパーニュを抜栓。
ドン・ペリニョン、ヴィンテージは2005。
リリース直後に購入し、セラーの中でずっと寝かせていました。


2005年はシャルドネ60%、ピノノワール40%。
硬派のシャルドネにピノノワールが加わることで、シャープさにまろやかさ・ふくよかさが加わります。

シャンパーニュはやはり熟成させたほうが美味い!
抜栓と同時に、泡の勢いとともにアロマが部屋に広がり、その芳醇な香りには、なんとも癒されます。
酸を包み込むブリオッシュやトーストのような香りが果実味と調和して溶け合っています。
美味いですね~。

デザートには、ピコロモンドのケーキを用意しました。

この美しさ!まさに芸術品です~。





*****




同じカテゴリー(ワイン)の記事画像
日之出酒場げんさん@富士
フィレンツェのステーキ
ミケランジェロ広場でのディナー
イタリア前夜
ブラッスリー・ヴァンダンジュ(かごしまジビエフェア)
大晦日は年末恒例の毛蟹
同じカテゴリー(ワイン)の記事
 日之出酒場げんさん@富士 (2018-07-01 22:22)
 フィレンツェのステーキ (2018-05-09 23:30)
 ミケランジェロ広場でのディナー (2018-05-08 23:23)
 イタリア前夜 (2018-05-05 18:19)
 ブラッスリー・ヴァンダンジュ(かごしまジビエフェア) (2018-01-19 22:22)
 大晦日は年末恒例の毛蟹 (2017-12-31 23:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ドンペリニョン 2005
    コメント(0)