2018年05月07日

フィレンツェ観光

羽田から12時間ほどのフライトでフランクフルト空港到着。

ここまでがANAで、ここからルフトハンザに乗り継ぎます。
到着も出発も、どちらも同じターミナル1なので移動はわりとわかりやすいです。
到着した1Bから、案内表示に従って、A22へと移動。

日本→ドイツ→イタリアとわたるわけですが、入国審査は最初の到着空港であるフランクフルトで行います。
グーテンモルゲン、とあいさつしてパスポートを渡すだけですんなり通貨。

フランクフルトからフィレンツェまでは1時間ちょいのフライト。すぐにフィレンツェ空港に到着しました。


空港からタクシーでホテルへ。
今回はノヴォリ(Novoli)にあるヒルトン・ガーデン・イン・フローレンス・ノヴォリに宿泊。
空港から比較的近く、20ユーロもかからなかったと思います。
現地時間は昼の12時前でしたが、運よく部屋が空いていてすぐにチェックインできました。


この日は唯一夕方まで観光する時間があったので、ホテルでタクシーを呼んでもらって、フィレンツェ中心部の、サンタ・マリア・ノベッラへ。


ここにはサンタマリアノベッラ協会(上の上の写真)もありますが、世界最古の薬局である、サンタマリアノベッラ薬局に直行してみました。
ここの土産を買うのが最初の目的。。。


妻に頼まれていたバスソルトや香水、石鹸などほしかったものを全部ゲット。150ユーロを超えたので免税対象にもなりました。ラッキー。

さて、ここからは有名なドゥオーモやベッキオ橋などへ歩いて回ることができます。
事前に地図を見ていたので、難なくドゥオーモへ到着。


いやいや、これはまた実にすばらしい!!


それにしても美しい建物ですねえ。
街も美しい。
土産物屋や食べ物やもこの界隈にはゴマンとならんでいます。
もし観光目的でフィレンツェを訪れるのなら、この近くのホテルを取るべきでしょう。

路地に入るとエノテカも!

店内にはワインがずらり。

しかし今日は先を急ぎます。


ヴェッキオ橋。

ここも有名観光スポット。観光客が多く、スリが多いことでも知られています。


イタリアでは昼過ぎで、日本では夜。
ここから日本にいる妻に電話しました。
探しているもう一軒の店が見つからないことを・・・。


その店で買い物してから、どこかレストランに入って優雅にランチを・・・ともくろんでいたのですが、雲行きが怪しくなってきました・・・。

急に黒い雲が広がり始め、ぽつぽつと雨が・・・。

と思った次の瞬間には、雨ならぬ大粒の氷が降り始めました。まさかのヒョウです。雹。

近くにあった建物に逃げ込みました。
観光客百人くらいがそこに逃げ込み、身動きとれない状態に・・・。
大粒の雹を撮影している観光客もいました。私も撮影すればよかったと今になって後悔・・・。
そのときはあまりの衝撃に撮影する余裕もなかったのです。

結局、雹はスコールのような大雨に変わり、いつやむかわからないので私はタクシーを求めて豪雨へと飛び出しました。
実は折り畳みの傘を持っていたのです。
しかしタクシー乗り場がどこにあるかわかりません。
幸い、どこの店先にも、店のスタッフらしき人つまり地元の人と思しき人が門のところに出てきて大雨を見ているので、タクシー乗り場はどこかと聞いて回り、イタリア語など話せなくてもなんとか場所がわかってたどり着きました。

ホテルに帰り着いたときは、昼飯を食べることも忘れていておなかがぐうぐう・・・。

つづく。。。





同じカテゴリー(海外旅行・出張)の記事画像
フランクフルト空港でビール
フィレンツェを発つ
フィレンツェのステーキ
ミケランジェロ広場でのディナー
イタリアビール
イタリアへ
同じカテゴリー(海外旅行・出張)の記事
 フランクフルト空港でビール (2018-05-11 22:28)
 フィレンツェを発つ (2018-05-10 14:14)
 フィレンツェのステーキ (2018-05-09 23:30)
 ミケランジェロ広場でのディナー (2018-05-08 23:23)
 イタリアビール (2018-05-07 23:26)
 イタリアへ (2018-05-06 23:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
フィレンツェ観光
    コメント(0)